情報セキュリティ基本方針

国際ソフトウェア株式会社(以下、「当社」)は、お客様、お取引先様からの信頼に応え、企業としての社会的責任を果たすために、情報セキュリティの維持・向上を重要な経営課題の一つとして位置づけ、ここに情報セキュリティ基本方針を策定し、以下の通り実施、推進することを宣言します。

 

1.管理体制の確立

当社は、情報セキュリティ対策を推進し、管理するための体制を確立します。

 

2.法令等の遵守

当社は、情報セキュリティに関係する法令、規制、その他の社会的規範、及びお客様との契約事項を遵守します。

 

3.内部規程の整備

当社は、情報セキュリティ基本方針に基づいた内部規程を整備し、これを遵守します。

 

4.情報資産の保護

当社は、適切なセキュリティ対策を実施し、情報資産に対する不正アクセス、漏えい、改ざん、紛失、盗難、破壊、破損、利用妨害などの情報セキュリティ事件・事故の未然の防止に努めます。

 

5.事件・事故への対応

当社は、万一、情報セキュリティ事件・事故が発生した場合には、その原因を迅速に究明し、被害を最小限に止めるよう適切な対応を取ると同時に、再発防止策を速やかに講じます。

 

6.教育の実施

当社は、当社の全役員、従業員(社員、契約社員、派遣社員、パートおよびアルバイトを含む)に対して、情報セキュリティの重要性を十分に認識させ、セキュリティレベルを維持・向上させるための教育を定期的に実施します。
また、外部委託先に対しては、当社と同等以上のセキュリティレベルを要請し、そのレベルが維持されていることを適宜確認します。

 

7.継続的改善

当社は、上記の各項における活動を継続的に見直し、改善します。

 

以上

制定日:2008年10月 1日
改定日:2016年 2月 1日
代表取締役 亀田 明彦
代表取締役 加藤 潤