環境方針

[ 理  念 ]

当社は環境と調和するテクノロジーと環境にやさしい生産の追求をとおして、自然のいとなみを尊重し、世界の人々が人間性を十分に発揮できる豊かな社会と環境の実現に貢献します。

 

[ 方  針 ]

  1. 当社は環境との調和を経営の最高課題のひとつとして企業活動の全域で一人ひとりが環境にやさしさを優先して行動します。
  2. 開発・設計の段階で、環境・安全を考慮した評価を行い、環境保全に適合した省資源、 省エネルギー製品を提供する。
  3. 生産、販売、物流、使用、廃棄などの段階で環境技術の開発・向上につとめ、環境保全に貢献できる資材・広報、再利用の積極的な導入をはかる。
  4. 従業員への環境教育、意識啓発をはかると共に、地球規模の視点にたった環境保全活動により社会に貢献する。
  5. 国・地方自治体などの法律、環境規制を遵守することはもとより、自主管理基準を設定し、環境管理レベルの向上に努める。
  6. 分担役員を頂点とした環境管理の組織運用制度を整備し、責任所在の明確化をはかると共に、常に最新の環境規範にしておく。
  7. 環境監査により活動を確認して継続的に改善施策を実行し、自主管理の維持向上に努める。
  8. 開発した環境の技術手法を積極的に開示し、環境保全に貢献する。
制定日:2015年10月 1日
改定日:2016年 2月 1日
国際ソフトウェア株式会社
代表取締役 亀田 明彦
代表取締役 加藤 潤